教えます!ワインに合うおすすめのおつまみ

教えます!ワインに合うおすすめのおつまみ

ワインをそれ単体で飲むのも良いですが、やっぱりフードとのマリアージュを楽しむことこそが、ワインの醍醐味です。
とはいえ、ワインにどんなフードを合わせれば良いか、分からないという方も少なくないでしょう。
ここからは、ワインのおつまみについて紹介していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

ワインに合うおすすめのおつまみ① フルーツ

ワインにフルーツ、というのは想像がつかない方もいるかもしれません。
しかし、ワインとフルーツは組み合わせによってはとても相性が良いんです。

例えば、イチゴの場合、ピノ・ノワールやガメイ、サンジョヴェーゼなど、こういった品種の赤ワインに近い香りの成分が含まれています。
そのため、風味がマッチングし、双方に甘すぎず酸もあるので、難なく食べ進めることができます。
淡い色のロゼワインやマスカット系の白ワイン、リースリングなどは、リンゴを思わせる香りもあるので、フルーツによく合います。
さっぱりしているので、お腹一杯にならず長い時間楽しむことができるのでおすすめです!

シロップ漬けのフルーツは、甘さがワインの渋さを際立たせることもあるので、こういったフルーツには甘口ワインが合います。
ワインの個性を考えたフルーツ選びをしてみるのも、ワインを楽しむひとつのポイントになってくるのではないでしょうか。

② 生ハム

生ハムは、ワインにぴったりのおつまみです。
生ハムは塩辛く、肉の味わいがダイレクトに感じられるおつまみだと考えている方もいるのですが、熟成の工程でメロンのようなエステル香が発生します。

それは、果実を思わせる風味でもあるので、ワインとの相性もとても良くなるのです。
肉には赤ワインと思われていますが、ボリュームのある白ワインと合わせてみるのも良いでしょう。

さっぱりとシャープで切れ味の良い白ワインも、生ハムの脂を酸で洗い流してくれるので好相性です。
赤ワインの場合は、ライトボディからミディアムボディのものが生ハムと合わせやすいのでおすすめです。

③ チョコレート

チョコレートは、ワインと相性の良いフードのひとつです。
ただし、糖分が一切入ってないような苦みの強いチョコレートの場合、ワインと合わせると渋みが際立ってしまい、美味しく感じれないので合わせる種類を考えた方が良いでしょう。

例えば、ナッツやドライフルーツが散りばめられているものは、ミディアムボディの赤ワインが合います。
逆に、甘さが強い生チョコレートの場合は、フルボディのワインとの相性も悪くないので試してみてください。

フルーティーな風味がするものなど、チョコレートだけでなく加工されたアイテムは白ワインとの相性も良いですね。
ただ、ポートワインなどの甘みとアルコール度数が高いワインの場合、チョコレート全般に合わせやすいので特におすすめです。

甘さ、ボディがチョコレートを上回っているので、どんなアイテムと合わせてもすんなりとこなしてくれることでしょう。

④ チーズ

ワインのおつまみの大定番といえばチーズですよね。
ただし、チーズにも数多くの種類があるので、ワインの性格に合わせて選ぶことが重要になってきます。

例えば、カビ系の独特の風味と口当たりがあるものはフルボディの赤ワインやボリューミーな白ワインがおすすめです。
一方、さっぱりとフレッシュなパルミジャーノレッジャーノなどは、軽快で果実味が豊富な白ワインの方が合う場合もあります。

ワインの個性と強さ、そしてチーズの個性を寄り添わせてあげると美味しくいただけるでしょう。

⑤ 肉料理

肉料理とワインは、誰もが思いつく組み合わせです。
こちらも、その種類や調理法によってワインを変えると、より美味しくいただけます。

脂分が多いどっしりとしたステーキはフルボディの赤、ハーブ香る鶏肉のソテーはボリューミーな白ワインが合います。
ローストビーフであれば、ライトボディからミディアムボディの赤。
白ワインも香りが強いものが良いでしょう。

ソースもベリー系の味わいがあれば赤ワインにしたり、軽快なサワークリームが使われていたら白ワインなど、その時々で使うワインを変えることも楽しみ方の醍醐味のひとつです。