家庭でできる!ワインの正しい保管法

家庭でできる!ワインの正しい保管法

ワインは生き物。
よく、耳にする言葉だと思います。
これは、わざと大げさに言っているわけではなく、瓶詰めされた後のワインは本当に生きているからこそ、こう言われているのです。
そうなると、しっかりとこだわりたいのがワインの保管方法です。

ここでは、ワインを購入した後に過程で保管する方法をご紹介します!

家庭でワインを保管する方法

ワインショップなどでは、しっかりと専用冷蔵庫やワインセラーが用意されており、ワインが保存しやすい状態が整えられています。

しかし、一般家庭となるとどう保存すれば良いのかわからない、という場合もあるでしょう。
過程でワインを保管する場合、どんな方法が適しているのか解説していきます。

家庭で保管するなら温度変化の少ない場所がおすすめ

ワインは、温度変化にとても弱いお酒です。
結局、飲むのであれば関係ないだろうと思われると思いますが、液中の温度変化によっていろいろな化学反応が起こってしまい、結果的に劣化にすすむことがあるのです。

もちろん、地域やご家庭の事情によって仕方がない部分もあるので一概に言えませんが、ワインにとって一番つらいのが激しい温度変化がある場所です。
日中は室温が急上昇するのに、夜間や朝は急激に冷え込むなど、そういったところに置いておくとワインの劣化が早まってしまうこともあります。

できれば、押入の中や軒下といった、通年温度変化が起こりにくいところでの保存がおすすめです。

ワインの保管方法は季節によっても変わる

ワインを保管する場合、玄関先という手段もあります。
特に、白ワインやスパークリングワインなどは、酸化しやすいため冷蔵庫に入れておくと劣化が早まることもあります。

また、赤ワインにおいても常温が良いとされていますが、それはボルドー地域などの平均気温をベースに言われているので、12度前後と案外低めです。
そうなると、注意したいのが、地下カーブでももっていない限り、室内でも季節によって温度変化が起こるということなのです。

例えば、冬場であれば玄関先という手段もあるでしょうが、夏場になればかなり高温地帯になるので、ワインにとっては辛いところです。

逆に、軒下や押入といった場所は冬場に強烈に冷え込むためワインにとってもそれもあまり良い環境とは言えません。
できるだけ、ワインを保管するのに適した温度の場所を適宜見つけ、季節によって変化させていくことがおすすめでしょう。

長期間保存するならワインセラーが最適

ワインを購入し、一週間以内に飲みきってしまう。

こういった場合であれば、正直そこまで気を使わずに冷蔵庫での保存で十分と考えることができます。
しかし、半年以上保管していたり、熟成させたいといった目的があるのであれば、冷蔵庫は避けておくべきでしょう。

また、前述したように季節によってワインの保管場所を変化させる手段もありますが、本来はワインはあまり持ち歩かない方が良い(振動を与えない)と言われているため、できれば一定の場所に保管しておきたいところです。

そんな時、ぜひ用意しておきたいのがワインセラーです。
ワインセラーは、ワインを保管するために製造されている専用保管庫です。

ワインにとって最適な状況で長期保存をすることができ、安心してワインを飲むことができます。
もし、大量保管したり、長期保管するのであればワインセラーの購入をおすすめします。