美味しく飲むなら知っておきたい!ワイングラスの種類

美味しく飲むなら知っておきたい!ワイングラスの種類

ワインを美味しく飲みたい、という方は良いワインを購入するだけではなく、「ワイングラス」にこだわることをおすすめします。

その理由ですが、ワイングラスによってワインの味わいは劇的に代わり、お気に入りのワインの味わいも全く違ったように感じるからです。
ここでは、ワイングラスの種類について解説していきます。
ぜひ、お気に入りのワイングラスを見つけるときの参考にしてみてください。

ワイングラスの種類でワインの味わいは変わる

まず、なぜワインを飲むのにワイングラスにこだわる必要があるのか、というところを考えていきましょう。

ワインはお酒であり、基本的に飲んで美味しいと感じられればそれで良いわけです。
しかし、ワインはその色合いや香り、口に含んだときのアタック感、余韻など細かな部分にこだわって飲むことができる、楽しいお酒です。

さらに、赤ワインや白ワインといった違いはもちろん、使用されている品種の個性によって香りや口当たりも変わりますし、その産地によっても個性が変わってきます。
それらのポテンシャルを最大限引き出すには、やはりそれ専用のワイングラスが必要になってくるのです。

また、面白いことに同じワインであっても、使用するワイングラスによって味わいが変わるという体験も可能です。
簡単に述べますが、例えば湯のみ茶碗で白ワインを飲んだとしましょう。
湯のみ茶碗は、基本的には口が大きく広がっており、厚みのある陶器製です。

こういった飲み方も面白いですが、一般的にはこれでは色合いがよくわからず、香りも揮発しやすく取りにくいと考えられます。

また、口当たりも陶器の厚みに引っ張られてしまい繊細なニュアンスが分かりません。
口に含まれるワインの量の多くなりますし、食器として大変優れているのは間違いないのですが、ワイン向きではありません。
一方、ワイングラスであれば色が分かりますし、香りも取りやすく飲む量もそこまで多くなりません。
同じ白ワインであっても、味わいが大きく変わるのです。

さらに、ワイングラスはさまざまなタイプによって変えるべきと前述したように、種類も数多くあります。
それを知ることこそが、ワイン通になる第一歩と考えてもいいでしょう。

ワイングラスの形状について

まず、基本的なワイングラスの形状について覚えておきましょう。
ワイングラス最大の特徴は、ステムと呼ばれている細い棒状の持ち手がついているところです。

そして、下部分にそれを支えるプレートと呼ばれる台が付属しており安定してテーブルに置くことができるようになっています。
ワイン自体を注ぐボウルと呼ばれる部分は丸みのあるふっくらとした形状になっていますが、繊細な飲み口部分はリムと呼ばれ、この部分の厚みも注目すべき部分です。

ワイングラスのように、ボウルがふっくらしていることでワインの香りを最大限活かせると言われています。
ワインは、空気中の酸素に触れたり、回したときにどれだけの酸素を取り入れるか、さらに香り成分を遊離させるかなどが計算され尽くされて造られています。

また、ステムのような脚がつけられている理由としては、ワインは温度変化にとても弱いため、ボウル部分を持つと温度が高くなってしまい味が変わってしまうからです。
繊細な白ワインなど、ボウル部分をずっと持っていると香りが高まってしまい、本来持っているポテンシャルを楽しむことができません。

近年、いろいろなワイングラスが登場していますが、全てワインの味わいや香りを引き出すために造られています。
ワインを、なぜワイングラスで飲まないといけないのかは、このワイングラス自体の構造を知ることで理解できるでしょう。

ワイングラスの種類

ここからは、ワイングラスの種類を解説していきたいと思います。
ご自身の好きなワインをより美味しく飲むべく、ぜひ覚えておいてください。

フルート型

フルート型は、スパークリングワインを飲むときに利用されているワイングラスです。
細く、円柱状のフォルムをしており、何も注がなくてもエレガントな雰囲気を楽しむことができます。

シャンパーニュグラスとも言われていますが、フルート型と言っても通じるので問題ないでしょう。

シャンパーニュなど、スパークリングワインを注ぐと繊細な泡が立ち上がります。
フルート型のグラスは、その泡が上に立ち上って行くサマを美しく見せるため、こういった形状となっています。
また、リムの部分はとても繊細で薄くなっており、よりエレガントな雰囲気で飲めるようにも設計されているのです。

ただし、どんな香りがあるかテイスティングする際は、大きめのワイングラスで行った方が良いとされています。

ボルド―型

チューリップのような、縦長のカタチをしたワイングラスが、ボルドー型と呼ばれているワイングラスです。

かなりメジャーなワイングラスですので、一度は見たことがあるという方もいるでしょう。
このボルドーグラスですが、テイスティング用に造られたワイングラスに比べると、比較的大きなサイズ感が特徴です。

ボルドーは、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロを主体とした、濃厚でフルボディタイプの赤ワインが特徴であり、黒い果実やクローブ、木の香りなどが楽しめる赤ワインが有名です。

そういったワインをより楽しめるように開発されたカタチとなっているので、しっかりと香りを導きだします。

モンラッシェ型

モンラッシェは、白ワインの最高峰と言われている高級ワインです。
ブルゴーニュ地方の白ワインの多くは、樽を効かせた繊細かつボリューミーな味わいに仕上げられるので、そういった味わいを引き出すために開発されたグラスです。
ボウルが大きく、丸みがありエレガントなデザインが特徴的です。

ブルゴーニュ型

ブルゴーニュ型は、かなり丸みがあって大きな形状をしたグラスとなっています。
ブルゴーニュは、ピノ・ノワールを単一品種として使用する赤ワインが多く、香りがラズベリーやイチゴ、スミレなど華やかな印象を持っています。

ピノ・ノワールは、こういった特徴があるため、その香りを最大限活かすためにも、こういったやや大きめなワイングラスが利用されていると考えられます。

万能型

テイスティング用のグラスが一回り大きくなったカタチのワイングラスで、白ワイン全般、赤ワイン全般、ロゼワイン全般に利用しやすいカタチです。
まず、ワインのテイスティングを楽しんだり、お客さま用などで何脚か購入しておくと汎用性が高いので便利でしょう。

ワイングラスを選ぶポイント

紹介したワイングラスでなく、これ以上に数多くのワイングラスが存在しており、正直どれを選べば良いか悩んでしまう方もいるでしょう。
ここでは、ワイングラスの選び方について解説していきたいと思います。

一通り揃えるならボルドー型、シャンパーニュ型、万能型を揃えるのがおすすめ

まず、どんなワイングラスが欲しいのか、最初はあれこれ考えずにボルドー型、シャンパーニュ型、万能型を揃えておくことをおすすめします。

今後、いろいろなワインにチャレンジすることになると思いますし、そんな時にこれらの基本的なアイテムで試すことで、ワインの性質が見極められるはずです。

そして、だんだんワインの性質が分かってきたり、お気に入りの品種や産地が見つかったら、それに適したワイングラスをお店の方などに相談して決めるのが良いでしょう。

あまり、デザイン性にこだわり過ぎるとあとあと困ってしまうので、まずは機能性を重視したワイングラス選びがおすすめです。

どれか一つ選ぶなら万能型がおすすめ

また、あれこれ揃えるのも難しいという方は、ひとまず万能型を選ぶという選択肢もあります。
どんなワインでも、的確にテイスティングできるため、これがあるだけで十分にワインが楽しめるでしょう。

ぜひ、自分にあったワイングラスが見つけられるよう、いろいろと調べてみてはいかがでしょうか。